ぐーちゃんの自習室。

社会人8年目、これまでずーっと迷ったりひと休みしたり。そんな私の自習室。

光と陰について

光の当たる部分じゃなくて、陰の部分だって活かしたいし認めてほしかった。

 

私が社会で生きていくにあたって、光の当たる部分がある。

光の当たる部分には、常に笑顔で社会性があり、人当たりがよく、ほどよく明るく、OAスキルが普通よりは高めで、バイタリティがある自分がいる。

 

では陰の部分には何があるか。常に何かに集中していたい自分。興味のあること「だけ」はとことん突き詰めて、ほかはどうだって良いと思ってる自分。実はあまり人に興味がない自分。実は海外で暮らしてみたいと思ってる自分。

海外で暮らしてみたいと思っている割に、英語を頑張りきれていなかったり、中途半端になっちゃってたり・・・。そういう意思が弱くて、飽きっぽい部分だって、持ってる。

 

どっちが本当の自分っていうのは、たぶん無い。どっちも私の構成要素なんだろう。ただ、光を当ててきたか、きていなかったかの違いだけで。

 

光の部分だけでも十分生きていけた。光の部分は、わかりやすかった。だから日本の会社とうまくマッチした。表面上、仕事がうまくいくレベルでは、人に好かれた。

でも生きているから、隠し持ってた陰の部分だって活かしたかった。私はどちらかというと陰を活かしたかった。自分自身がそのことを認められてなかったから、陰の部分に引きずられて、体調が悪くなったり、精神が病みかけたりしたんだろう。その結果がバセドウ病だった。

 

バセドウ病を境に、陰の部分ととことん向き合ってきたように思う。陰の自分を表に出し始めた時、人間関係は変わった。それまで認めてくれた人に嫌われたり、距離を置いたり。

でも前の自分に戻るよりは良いな、と思ってやってきた。

 

ちょうどバセドウ病で会社を休み始めたのが約1年前。手術が終わってようやく動けるようになったのが半年前。そこから、必要なものと不必要なものを選別して、不必要なものに割く時間を極力捨てた。

捨てた結果が、語学の資格であったり、海外転職に手が届きそうだったり。陰の自分が欲しい、認めてほしいと思っているものだった。

一方、光に支えられることもあった。たとえば海外転職のエージェントさんと話すとき、光の自分を活かした。だから、光の部分を嫌うことも無いのだなと思った。

 

そして、本当の欲求はもっと奥底にある。もっともっと自分と向き合いたいと思ってる。その結果とんでもないことになっても、予想外のことになっても、それでもいい。

こんな風に28歳から始まる人生だってあっていい。今はそう思う。

海外就職 面接備忘録。

今日の面接は記憶にも文章にも残しておきたいなーって。

今日初めてHK法人のとある企業に面接していただいたので備忘録をば。

 

まぁ日本の面接と同じようにいろいろと質問され、

素直に答えていったところ

 

その場で伺った評価としては

英語も中国語もそのレベルだと香港で暮らすのは厳しいよ。

経験もないしそもそもビザおりるかわからん。

香港は家賃も高いし、希望給与22000HKDとか言ってるけど安すぎ。もっといい給与をもらえる人材でないといけない。

ただ、やる気はすごく感じられるから、日本法人で数年働いて、経験を積んでから香港の拠点に来るっていうソフトランディング戦略はいかが?と言われました。

 

そんな風に提案してもらえることを全然想定していなかったから、全然自分の中でまとまらずに唯一言えたのが

 

寿司職人になりたい人がいたら、築地で修行しますよね?

靴職人になりたい人がいたら、イタリアで修行しますよね?

それと同じように、物流がやりたいのであれば、香港を目指すべきだと思いました。

と言いながら自然と泣いていた(ださい。。。。)

 

ただ日本法人で育ててもいい、と思われるくらいにはやる気が伝わったのが嬉しいし、厳しい評価だけれど、使い捨てでなく自分のことを考えてくれている。という、人としての思いやりや懐の広さがありがたくて、面接なのにどことなくほっとするような、そんな感じでした。

 

所感としては

やっぱり言葉ができないとダメなんだ、準備不足だなぁと思ったのでした。

 

そんなわけでエージェントさん経由でお返事いたしますと言われて結果待ちです。

引き続き活動していきます。

f:id:guguco:20170520163909j:plain

 

中国語ができなくて大泣きした話

(本気でやってみたことって思いもよらぬアウトプットを生むよねって話)

 

いろいろありましたが、最近国際物流関係への転職を視野に入れながら少しずつ準備をしています。

今の業務でも物流関係をやらせていただいているんだけど、全体から見るとウェイトが高くないし、そもそも輸出入案件が少なくていまいち満足できる物量がこなせないな~ってのが理由です。

だったら物流で食ってる会社に行けばいいじゃんと。

で、日本の会社と、海外の現地採用枠を狙っている現状です。

そこで現地採用のエージェントさんにコンタクトを取って、レジュメのやりとりだったり、アドバイスと情報を頂きながら進めていたわけなのですが、先日電話での語学チェックがあったのです。

f:id:guguco:20170519201109j:plain

これまでの語学力の自己評価は、英語は日常会話、中国語は、まぁ初級?っていう感じでした。

いわゆる「お勉強以外」の部分ですと、海外の友人と英語で話をしながらわからないところは筆談を交えてコミュニケーション成立してたし、ビジネスでの使用経験はほぼ無いに等しいけれど、まったくのプーってこともないだろう。と思っていたんですね。

 

当日の語学力チェックの流れとしては、最初に英語、次に中国語で、香港人スタッフさんとコミュニケーションをとりながら進めていたのですが。

まあ最初全然聞き取れないわけですよ。アジア人同士なのに。

やっと慣れて来たな~と思えてきたところで英語パートが終わってしまって、冷や汗だらっだらで。

中国語パートに移行した時には当然ボロボロ。

あなたの会社に中国人の同僚はいますか?みたいな簡単な質問も聞きとれず、途中でギブアップしてしまいました(汗)

 

エージェントの担当さんに慰められながら自分でも理由はわからないけれど自然と大泣きしてて、でも、「大きな一歩を踏み出しましたね~!」って言ってもらえて、やってよかったな~って思いました。

 

フルタイムで働きながら、ただただ好きだからっていう理由で業務にまったく関係ない中国語を勉強して、頑張れたこと、頑張りきれなかったこと、なんで全く勉強してない英語のほうが喋れたのか、とか自分の強い部分と弱い部分、おだてられていい気になってたところとか、いいところもダメなところも全て一気に自覚しました(笑)

 

そしてもう一回頑張ろうって思えました。

 

てなわけで、今スカイプ中国語会話レッスンを申し込んで今に至ります。どこまで伸ばせるでしょうか。わからないけど今は楽しみです。

 

(そしてやっぱり、国際物流関係の仕事がしたいです、いいところが見つかりますように!!!!!)

台北Legacyに行く人に好推薦!グッドライフホテルチュンライ(台北群来商旅)

別記事でちょっと触れましたが、1月に台湾旅行に行った際、宿泊した「グッドライフホテルチュンライ」が良かったのでレポートしたいと思います!

guguco.hatenablog.com

 

おすすめポイント①ロケーション

今回の旅行「も」w弾丸ということと、目的であるライブの開始終了時間が比較的遅め(現地時間20時開始)、かつ女性一人ということで、体力面安全面でホテル選びにはかなり慎重になりました。

いくら治安の良い台湾とはいえ、安全はすべてに優先するものです(*´▽`*)

Booking.comでいくつか候補をピックアップしたところ、ライブ会場である台北Legacyから徒歩圏内ということで、グッドライフホテルチュンライに決めました。

ダブルベッド一泊で料金はNTD2180、当時のレートで日本円で8000円程度でした。

実際、現地でLegacy台北から歩いたところ、ライブ会場の敷地内をずーっと通っていくこともあり、体感移動時間は5分以下。最寄りコンビニはセブンイレブン。さらにホテル近辺は審計院などが立ち並ぶオフィス街であり、逆に夜は人がいなさすぎて治安もへちまもなかったなぁ・・・という感じでした。

とはいえ深夜の一人歩きには気を付けましょうね。

 

モーテルとしても営業しているみたいな口コミもありましたが、滞在中に遭遇したほかのお客さんは女性二人旅だったり、男性一人だったりで特にいかがわしい雰囲気はありませんでした。

 

ちなみに最寄りMRT駅の「善道寺」も徒歩3分くらいです。

 

www.booking.com

 

 

おすすめポイント②清潔感がありバスタブがある

こちらが室内の写真です。

人によって感じ方が違うと思いますが、私はお値段、ロケーションの割に清潔感があるな~と思いました。さらに広々としたバスタブもあり、シャワーの水圧もOKでした。アメニティはそこまで充実していなかったと思いますので、持参しましょうね~。

 

フロントも明るい雰囲気で、優しそうなメガネをかけた女性スタッフさんがてきぱきと対応してくれました。

無料のコーヒーサービスもあり、荷物預かりもばっちり対応してくださり、英語が通じます。中学生程度の英語ができれば大丈夫でしょう。

(まぁ、チェックイン時は台湾人の友達に助けてもらいましたけども!)

 

 

おすすめポイント③朝ごはんが美味しい

無料で朝ごはんがいただけます。いくつか選択肢があったと思いますが、口コミで評価の高かったコーヒーとサンドイッチのセットにしました。チェックイン時に予約する仕組みです。

こちらが実際の写真ですが、お部屋までほかほかの出来立てを持ってきてくださり、野菜・卵・ハムがバランスよく入っており、何より美味しい~!コーヒーもあっつあつでした。

前回の旅行でも思いましたが、台湾の朝ごはんのクオリティ高すぎます。

男性には物足りない量かもしれませんが、そんなときは近場の有名な朝ごはんのお店、「阜杭豆漿」に行けばよいので問題ありませんね(笑)

 
てなわけで

お薦めのホテルを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

何か他に気になる点がありましたら、最近askを始めたのでよろしければご質問くださいね~。

https://ask.fm/gugucoo

 

ではでは、下次見~!

28歳会社員、初めて明確なやりたいことができた

(仕事に振り気味エントリ)

また入院して退院した。前回の病気と違って、今回は自己管理が甘かった。というか最近無理してて、やばいかも~と思ってはいたけど無理がきくし楽しかったから無理しちゃって倒れた感じである。

年度末の忙しいところ、一週間以上もいなくて、職場にずいぶん迷惑をかけて、超怒られて、でもその100倍くらい守ってもらった。

素直にありがたいなと思った。

 

だけど、ずっと今の会社にはいられない、ってことに、気づいてしまった。

不満があるとか、ないとかそういうレベルではなく、肌で感じてしまったのである。

私は日本が好きだ。清潔だし便利。職場の皆も優しく温かい。守られてる。ぬくぬくのおふとんのようだ。だけど、なんとなく頭打ちの違和感がある。だから、すこし今の社会とは距離を置いて、外からバックアップするような仕事はできないだろうか。

 

たとえば、日本の物流は優秀である。というようなことは昔から言われているが、みんながイメージしているより100倍素晴らしい。それぐらい自信を持って言える。

これを世界に広げられないだろうか?

私は残念ながら社長タイプじゃない。独立は、向かない。だけど、一プレイヤーとして、日本の戦略的物流を広める一助になりたい。たぶんそれが、まわりまわって、身近な人に貢献することに繋がると思うから。

 

ただ一つ言えるのは、私に今必要なのは、周りに感謝を示し、守ってもらった恩を返すこと。そして何より、もうちょっと日常を生きるスキルを高めて、体を強くすることだと思う。

それがきっと、ずっと一緒にはいられない人たちと一緒にいた意味だと思うから。