ぐーちゃんの自習室。

社会人8年目、これまでずーっと迷ったりひと休みしたり。そんな私の自習室。

かっぴーさんへ

トピック「左ききのエレン」について

 

かっぴーさんへ。

前略 お元気でしょうか。左ききのエレンですが、ジャンプ+での連載開始おめでとうございます。

原作が最終回を迎え、正直ちょっと寂しかったのですが、これからも毎週エレンが新しい形で読めると思うととても嬉しいです。これからとても人気が出るでしょうし、忙しくなると思いますが、体には気を付けてお過ごしくださいね!

 

私が「左ききのエレン」に出会ったのは、確か去年の今頃でした。

マンガ自体はもともと好きで、たくさんのWeb漫画を読んだけれど、なんか、このマンガは違うなあ・・・正直絵はアレしてるけどなんか、どう見ても何かがやばい・・・と感じて、そこから毎週の更新を追いかけ始めたのが昨日のことのようです。

とても自分中心の考え方だけれど、連載の時期と、社会復帰をしていろいろなことに悩んで方向性に迷って感性爆発していた時期が重なっていたこともあり、このマンガは漫画の神様的な人が私のために書いてくれたんだ!!とすら思っていました(笑)

こうやって言葉にすると自分でも引いちゃうくらい左ききのエレンには思い入れがあります。

 

たとえば、私には全くタイプの違う親友がいるのですが、左ききのエレンを知ってからすぐに紹介したところ、やっぱり大層ハマっていました。

そしてエレンが更新された日は、感想について語り明かすことが日課になっていました。

エレンが更新されない日は、なんだかお互い手持無沙汰でした。

かっぴーさんが連載をお休みすると宣言した時は、作品のことが気になるだけでなく、私たちなりにかっぴーさんのメンタルを本気で心配していました。(再開してくれて本当に良かった~。)

そして、一回ファンミーティングみたいなものがあったと思うのですが、うまく話せる自信がなかったのでぎりぎりスルーしてしまいました・・・。

 

そんな私たちですが、一番思い出深いことがあります。

どちらかというと、親友は広告代理店メンバーやさゆりが中心の話に大いに反応し、一方私はエレンやあかり、佐久間が活躍するエピソードをワクワクしながら読んでいました。

ですから、終盤の光一VS佐久間・あかり編では親友とのLINEが大いに荒れたし、子供のケンカみたいになりました(笑)

「天才だかなんだか知らないが、仕事なんだから勝手に進めちゃダメだろ!!」VS「いやいや、あかりの”・・・OK”の”・・・”に込められた感情がわからないからダメなんだよ!!」みたいな。

最終的に、「てゆーか、来週どうなっちゃうんだろうね・・・」「・・・ウン。想像もつかない。めっちゃ気になる」って仲直りしました。

あの時はお互いムキになりましたが、友達と一緒にこんなに熱中できる作品に出会えて本当によかったな~。って思ってます。

そして、もちろんケンカばかりでなく、感想を話し合う中で、親友の考え方や性格についても、より一層わかるようになり、そのこともすごく感謝しています。

 

親友のことだけでなく、左ききのエレンという作品を通して、自分自身についてもいろいろ発見することができました。

ここにすべては書けないのですが、たとえば、私は何年も会社員をやったけど、会社員に向いてなかったなって思うし、そのことを認めるのはかなり時間がかかりました。

向いてないことを向いてない、と認めるのは本当につらかったけど、認めることができて良かったと思っています。これもエレンに出会えたおかげです。

 

たくさんの人がすばらしい文章やすばらしい語彙でエレンの感想や応援の文章を書いているので、私が言えることって少ないなって思います。

でも一つ言えるのはかっぴーさんはいい意味でめっちゃ無謀?だし、こんな漫画家さんいないよ~~~、ってことだと思います。

だからこそ、何年かかっても絶対、映画化すると思うし、してほしいし、ていうか海外とかにも広まってほしいし、売れてほしいです。

心からとても応援しています。

そして、「描けよ」っていう言葉を信じて、私にもできることをやり続けようとそう思っています。

これからもエレンの連載と、アイとアイザワを読み続けます!

 

それでは寒くなっていく季節、どうかご自愛ください。

 

ぐーちゃんより。

海外転職活動をいったん保留します!これからの2年は、ガワを整える。

どうもです

さて、私は海外転職を目指して活動していますが、

近い未来としては一旦保留し、自分自身のガワを整えることにこのたび決めました。

 

f:id:guguco:20170727203944j:plain

香港の海辺の夜景。横浜とちょっと似てて懐かしくなった。

 

理由その1 実力不足を認識。

英語と中国語の実力が低いので、現状の語学力で海外に行ったとして、できることが限られていってしまうのではないかと思いました。

言語は現地で揉まれて覚えるという人もいます。しかし、旅行で行くわけではない以上、会社のフロントとしてもっと主張や交渉ができたり、相手の話が聞けるレベルまで語学力を引き上げたいと感じました。

英語・中国語ともに、感覚としては2年後を目安にある程度使えるレベルまで実力を整えていきたいです。

 

理由その2!健康状態と体力を整えたい!

すっかり忘れていましたが、私は甲状腺摘出の手術を一年前に終えたばかりで、毎日薬を飲んでいますw

お陰様で日常生活には支障がありませんが、これまで慣れ親しんだ日本の快適な環境があってこそ。命を懸けてまで海外に行って倒れたりしたら、お世話になった人たちにも、自分自身にも申し訳が立ちません。

ですから、もっと強くなるために、健康状態や体力を整えていき、できれば薬が要らなくなるレベルまでにもっていきたいな、と感じています。(運要素も大きいので何とも言えませんが。。。)

 

また、今回の活動を通してここには書けないくらいいろいろなことが起きましたが、今できることをやりきったからこそ、いったん保留という選択ができ、私は実は満足していますw

 

そして一つだけ申し上げたいのは、海外転職をしたいという主張をしていくと、私自身のことを意識や志が高いタイプ、という風に勘違いしてもらえるのですが、私は全然意識が低いです。

ハッキリと優先順位を決め、やりたいことをやっている代わりに、日常生活にはとても手を抜いていますし、基本的には引きこもりですし、部屋はとっちらかってるし、仕事ができるタイプでもありません。

だからこそ、これからもやりたいことは超過剰にやっていきたいと思いますので

どうぞよろしくお願いします。

 

(*´▽`*)

オンライン英会話のBizmatesを約2か月続けた感想。

無謀な目標を助けてくれるオンライン英会話。

私は今、無謀にも海外で仕事をするのが目標なので、

英語と中国語のスキル上げに取り組んでいます。

 

そこで転職エージェントさんにおすすめしていただいたのが

ビジネスに特化したオンライン英会話のBizmatesですが、始めてから約2か月が経ち、

いろいろとわかってきましたので紹介しますね~。

これからオンライン英会話を始めようとしている方の参考になれば嬉しいです!

アフィリエイトじゃないので、思いのままに書いていきますので、よろしくお願いします(^^)/

www.bizmates.jp

 

①始め方と初期費用。

(1)パソコンにスカイプをインストールして、アカウントを作る。無料です。

(2)カメラとヘッドセットを買ってくる。(家電量販店でも買えるし、ネットでも買えます。)

 物にもよるが、普通ランクのもので揃えれば5000円しないくらい?

(3)ホームページに書いてある手順に従い、Bizmatesに無料会員登録し、無料体験レッスンを受講する。(この時点では費用は発生しません)

自分に合うな~と思ったら有料会員登録していけば良いです。

支払い情報を登録するまでは、一切お金がかからないので、いつのまにか請求が来てたということもなく、安心して利用できます。

 

②私の体験記。

 (1)無料体験

   以前、別のオンライン英会話を試したことがあるのですが

 これといったカリキュラムが無かったことと、当時は目的がハッキリしていなかったこともあり、あまり楽しめず、そして成果も上がらずにフェードアウトしてしまいました。

 (英語を話せるようにはなりたかったけど、何を話せばいいかわからなかったってのが一番の理由のような気がします。)

 

 そのようなことがあったので、Bizmatesも続けられるか不安でしたが、今のところ2か月続いているし、楽しんでいるし、これからも続けていきたいと感じています。

 

 まず、お試しレッスンでは講師と会話をして、レベル分けをしてもらいます。会話は全て英語なので緊張しますが、講師もそのあたりはわかってくれているので大丈夫です。

無料レッスンの時点でかなり緊張してしまい、最初の10分くらいは「Yes」と「No」くらいしか言えなかったような、、、そんな私のレベル分け結果は以下の通りです。f:id:guguco:20170826105225p:plain

 

いかがでしょうか。強みのみならず、弱点についてもフィードバックしてもらえるので、「ヴッッそんなハッキリ言わなくても!」と一瞬傷つきますが、無料でここまでフィードバックしてくれるのはありがたいことです。

 

(2)有料会員登録後

有料会員登録後、実際の授業に入っていきます。授業の流れとしては以下の通り。

①例文を読む。

②例文に対して、質問文を作る。

③例文のテーマに沿って、自分のことを話す。

④レッスン後、講師からフィードバックをもらい復習する。

f:id:guguco:20170826122658p:plain

(フィードバックの一例。個人情報のみマスキングしてます)

 

基本的にはこの繰り返しですが、マンツーマンで授業ということもあり、①②③のどのパートにおいても、わからない単語の意味をすぐに聞けますし、満足度が高いです。 

 

(3)2か月続けた後の実力。

  私は2か月間で27回受講しました。

  (1)に書いた通り、無料体験を始めた時は、「Yes」「No」くらいしか言えなかったのですが、カリキュラムがしっかりしているので、レッスンを進めていく中でかなり語彙がついたと思いますし、言いたいことをそのまま英語で言えるようにもなってきました。

  また、自分の働いている会社や、仕事のことを(モチロン守秘義務に触れない範囲で)英語で話す練習にもなりますので、今後英語で仕事をするチャンスが巡ってきた場合、そのまま実践できる力が身に着いたと感じています。

  そして私は冗談を言うのも好きなのですが、講師との会話の中で冗談を言って、わかってもらえて、笑ってもらえるようになったのも、地味に嬉しいですw

 例えば

 講師)あなたのオフィスの建物の外観はどんな感じ?

 私)えっと、公立小学校ぽいかな~wwww

 講師)そんなこと言ってくる生徒さん初めてだわwwww

とかとか。

 

 と言っても、まだまだ一人で仕事ができる!というレベルには遠いので、これからも頑張ってスキル上げしていこうと思っています(*´▽`*)

 

メリットとデメリット

 以上の体験を踏まえて、メリットとデメリットを紹介します。

 

<メリット>

 ①逃げ場がない=話せるようになる。

  講師は全員フィリピン人のため日本語が話せる人はほぼいません。ですから、嫌でも英語で言いたいことをどうにかして伝えるしかないので、実力と度胸がつきます。最初の数レッスンは、通話ボタンを押すのもドキドキでしたが、今となっては日々の仕事の電話を取るみたいな感じで、気軽に話すことができます。

 

 ②ビジネスに特化。

 カリキュラムがビジネスに特化していますので、レベルにもよりますが話題は全て「会社の事業」「ドレスコード」「ルール」「マーケティング」等、会社のことが多いです。(裏を返すと日常英会話を学びたい方はほかのオンライン英会話のほうが良いかもしれません)

 

 ③授業(講師)の質が高い。

  講師の質がかなり高く、発音や文法の間違いを指摘してくれるので、安心してどんどん間違えることができます。

また人柄としても、皆さん親切でかなり礼儀正しいので質問がしやすいです。

  更に英会話の技術だけでなく、勉強のテクニックも指導してくれますので、上達のコツがわかります。

 これまで12人くらいの先生に担当していただきましたが、ここだけの話、この先生はなんだかな、、、と思う人は1人だけでした。(たぶん新人だったと思われる)

 

 ④レッスン前に講師の発音が確認できる。

  講師一人ひとりに対し自己紹介ページがあるのですが、録音済みの自己紹介音声を確認できますので、真似したいと思える発音の講師や、好きな声wの講師を選ぶことができ、授業前のテンションが上がります。

 

 ⑤時間の融通が利くので、引きこもり・単独行動好きに向いている。

  レッスンの直前まで予約ができますので、例えば19時に仕事が終わって、帰りの電車の中で21時からのレッスンを予約なんてことも可能です。 私は平日は夜に、土日は午前中の授業を予約することが多いです。

  また、これはBizmatesのみならず全てのオンライン英会話に言えることですが、オフラインの英会話教室と比較して、外出するというハードルを越えなくて良いため、気軽に受講できるのも最大のおすすめポイントです。

 

<デメリット>

 ①料金について

これはデメリットというか、ほかのオンライン英会話と比較するとお高めです。

有名なほかのオンライン英会話との比較結果は以下の通り。

 例)

 DMM英会話 ¥5,500-/月(毎日25分プラン)

 レアジョブ  ¥9,800-/月(毎日25分・ビジネス英会話コース)

 Bizmates  ¥12,000-/月(毎日25分プラン)

ただし、私は料金を考慮してもBizmatesを受講するメリットが上回るので、今のところ納得して払っています。

人によって求めるのが異なると思いますので、迷っている方はいろいろなサービスの無料体験を受講した上で検討したら良いと思います。

 

 ②たまに音声とビデオが止まる。

 講師側の問題なのか、こちら側の問題なのか?たまに音声が止まってしまうこともあります。ですが授業に差し支えるほどでもないと感じています。

 

以上をもちまして、Bizmatesを二か月続けた感想と紹介文とさせていただきます♪

 

(ひとりごと)Bizmatesが中国語教室もやってくれたらいいのになぁ・・・。

光と陰について

光の当たる部分じゃなくて、陰の部分だって活かしたいし認めてほしかった。

 

私が社会で生きていくにあたって、光の当たる部分がある。

光の当たる部分には、常に笑顔で社会性があり、人当たりがよく、ほどよく明るく、OAスキルが普通よりは高めで、バイタリティがある自分がいる。

 

では陰の部分には何があるか。常に何かに集中していたい自分。興味のあること「だけ」はとことん突き詰めて、ほかはどうだって良いと思ってる自分。実はあまり人に興味がない自分。実は海外で暮らしてみたいと思ってる自分。

海外で暮らしてみたいと思っている割に、英語を頑張りきれていなかったり、中途半端になっちゃってたり・・・。そういう意思が弱くて、飽きっぽい部分だって、持ってる。

 

どっちが本当の自分っていうのは、たぶん無い。どっちも私の構成要素なんだろう。ただ、光を当ててきたか、きていなかったかの違いだけで。

 

光の部分だけでも十分生きていけた。光の部分は、わかりやすかった。だから日本の会社とうまくマッチした。表面上、仕事がうまくいくレベルでは、人に好かれた。

でも生きているから、隠し持ってた陰の部分だって活かしたかった。私はどちらかというと陰を活かしたかった。自分自身がそのことを認められてなかったから、陰の部分に引きずられて、体調が悪くなったり、精神が病みかけたりしたんだろう。その結果がバセドウ病だった。

 

バセドウ病を境に、陰の部分ととことん向き合ってきたように思う。陰の自分を表に出し始めた時、人間関係は変わった。それまで認めてくれた人に嫌われたり、距離を置いたり。

でも前の自分に戻るよりは良いな、と思ってやってきた。

 

ちょうどバセドウ病で会社を休み始めたのが約1年前。手術が終わってようやく動けるようになったのが半年前。そこから、必要なものと不必要なものを選別して、不必要なものに割く時間を極力捨てた。

捨てた結果が、語学の資格であったり、海外転職に手が届きそうだったり。陰の自分が欲しい、認めてほしいと思っているものだった。

一方、光に支えられることもあった。たとえば海外転職のエージェントさんと話すとき、光の自分を活かした。だから、光の部分を嫌うことも無いのだなと思った。

 

そして、本当の欲求はもっと奥底にある。もっともっと自分と向き合いたいと思ってる。その結果とんでもないことになっても、予想外のことになっても、それでもいい。

こんな風に28歳から始まる人生だってあっていい。今はそう思う。

海外就職 面接備忘録。

今日の面接は記憶にも文章にも残しておきたいなーって。

今日初めてHK法人のとある企業に面接していただいたので備忘録をば。

 

まぁ日本の面接と同じようにいろいろと質問され、

素直に答えていったところ

 

その場で伺った評価としては

英語も中国語もそのレベルだと香港で暮らすのは厳しいよ。

経験もないしそもそもビザおりるかわからん。

香港は家賃も高いし、希望給与22000HKDとか言ってるけど安すぎ。もっといい給与をもらえる人材でないといけない。

ただ、やる気はすごく感じられるから、日本法人で数年働いて、経験を積んでから香港の拠点に来るっていうソフトランディング戦略はいかが?と言われました。

 

そんな風に提案してもらえることを全然想定していなかったから、全然自分の中でまとまらずに唯一言えたのが

 

寿司職人になりたい人がいたら、築地で修行しますよね?

靴職人になりたい人がいたら、イタリアで修行しますよね?

それと同じように、物流がやりたいのであれば、香港を目指すべきだと思いました。

と言いながら自然と泣いていた(ださい。。。。)

 

ただ日本法人で育ててもいい、と思われるくらいにはやる気が伝わったのが嬉しいし、厳しい評価だけれど、使い捨てでなく自分のことを考えてくれている。という、人としての思いやりや懐の広さがありがたくて、面接なのにどことなくほっとするような、そんな感じでした。

 

所感としては

やっぱり言葉ができないとダメなんだ、準備不足だなぁと思ったのでした。

 

そんなわけでエージェントさん経由でお返事いたしますと言われて結果待ちです。

引き続き活動していきます。

f:id:guguco:20170520163909j:plain