読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーちゃんの自習室。

社会人7年目、これまでずーっと迷ったりひと休みしたり。そんな私の自習室。

神津島旅行記① 準備編

神津島旅行記

7/29,7/30の一泊二日で、伊豆七島 神津島に旅行に行ってきました。

f:id:guguco:20130730112202j:plain

 

感想としては、離島素敵ー、ご飯と空気と水おいしー、海綺麗ー、でしたが、離島に行く機会もなかなか少ないので、備忘録がてら旅行記を書いていきまーす。

 

どうやって行くのか?

神津島までの行き方としては、飛行機と船の2種類があることがわかりました。

 更に調べたところ、船にはジェット船と大型客船の2種類があることが分かりました。

飛行機  :  調布飛行場から飛んでいる。調布飛行場神津島空港で45分。約¥15,000-@片道。

ジェット船 ※:  竹芝桟橋から出てる船。速いやつ。神津島まで3時間40分。約¥11,000@片道。

大型客船 ※:  こちらも竹芝桟橋から。神津島まで約9時間。約¥8,500@片道。

※航路の運賃は月ごとに変動するようです。

 

時間を金で買うタイプのT氏と、せっかくだから船旅を楽しみたいという私の意見の中間を取って、行き帰りともにジェット船を利用することにしました。

 

持ち物

替えのTシャツは3枚くらい持っていきました。もうちょっと持っていってもよかったかな。

 

天気

天気には最後まで振り回されました。前日の天気予報は晴れだったのに、何も準備してなかったけど、雨が降ったり止んだり。

幸いにも旅行期間中は小雨で済んだけれど、次回からは面倒でも折りたたみを持っていくとかした方が良いと思われる。

 

Twitter

離島にありがちなのだけど、ネット上で情報を探しきれないことがある。

そこで情報収集がてら、神津島Bot(kozushima_bot) さんをフォローしてみた。

これが結果としては大変良くて、ネットやガイドブックでは調べきれない情報を得ることができた。Twitterすごい。

 

神津島 bot 

https://twitter.com/kozushima_bot

 

神津島の歴史】大正十二年、1923年10月1日、神津島村の誕生。島嶼町村制が施行され、神津島村が置かれる。今に続く、東京都神津島村の誕生である。(当時は東京府)。2013年10月1日で神津島村90周年。

ふむふむ。

 

神津島スポット】大黒根トンネル。赤崎トンネルの先に少し行くとある。開通しているが、その先の道を作れなかったため、バリケードが設置されていて、トンネル自体に入れない。なぞの構造物としてどうぞ。

へー、おもしろい。

 

神津島スポット】返浜(かやすはま)。海水浴場としての座を奪われた砂浜。プライベートビーチのような雰囲気でゆっくりするにはいいところ。ここはライフガードが撤退し、海水浴には注意が必要。遠くに式根島、新島、利島などを望める。

 おお~、いってみたいな~。(実際いきました。)

 

神津島botさんをフォローして、島民さんならではの情報を得ることもできたし、おかげさまで楽しい旅行になったと思われる。

中の人は島民の方なのかしら・・・?