読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐーちゃんの自習室。

社会人7年目、これまでずーっと迷ったりひと休みしたり。そんな私の自習室。

バセドウ病のこと~発病から発見まで~

バセドウ病のこと

バセドウ病に罹っていました。

去年くらい~つい先日まで、バセドウ病に罹っていました。

結論から書くと、今は甲状腺を取り除く手術(亜全摘)を無事終え、自宅静養&経過観察中です。

バセドウ病って、パッと見で分かりづらいために、自覚・発見するまでにも時間が罹ったりして・・・。

この体の不調は何なんだろう?私が特別弱いんだろうか?と悩み、辛い時期もありました。

同じように苦しんでいる方、手術を検討されている方の参考になればと思い、何回かに分けて書いていきたいと思います(^_^)/

 

発病と私の症状について

発病した時期は、正直ハッキリとは思い出せないのですが、去年くらいから、主に以下三点の症状がありました。

(1)今までよりも汗っかきになり、暑い日が苦手になりました。

   高校生の頃は、夏でも日焼け対策(^^♪とか言って、イー〇トボーイの分厚いカーディガンを羽織っていても平気だったのに、です(苦笑)

(2)異常に疲れやすくなり、働いた日はベッドに入って10秒もしないうちに寝てしまったり、残業が続くと異常なだるさを感じ、会社を休んでしまったりすることも。

   周りの方たちと同じように働けない自分を責めました(泣)

(3)そして、一番つらかったのは、心拍数が高くなってしまったことです。

   健康診断や、何気なく脈を計った時、常に120回/分くらいの心拍数がありました。

   正常の範囲が60~100回/分とされていますから、かなり上を行っていたことになります。

   このため、階段や坂道をちょっと歩くとばてばてになってしまい、通勤や大好きな自然散策にも支障を来していました・・・。

上記の症状がありつつも、病気になったとの認識も無かったため、なんとなく、体質が変わったのかな?体力をつけなきゃなーくらいに思いながら過ごしていました。

 

バセドウ病、発見!

そんな中、会社で受けた健康診断にて、コレステロールが異常値を示していました。

・・・今、手元に結果が無いのですが、とにかく、コレステロール値が異常に低く、「要再検査」と診断されてしまったのです!

しかし、当時は「またまた~。コレステロールが高いならともかく、低いくらいで大げさな~。酒の飲みすぎだろうw」くらいに思っていましたw

しかし念のため、かかりつけのクリニックで相談し、再検査したところ、やはり正常値70~139mg/dLに対し、60mg/dL。

ここで初めて、「甲状腺の病気かもしれません」と言われました。

更に甲状腺機能の値(TSH,T3,T4,Trab)を調べる検査を追加で行い、結果を確認したところ、「バセドウ病」という診断があっさりとついてしまいました・・・。

 

バセドウ病について

病気そのものについて、専門病院である伊藤病院のサイトには以下のように書かれています。

バセドウ病|甲状腺の病気について|伊藤病院 - 甲状腺疾患専門

バセドウ病の原因は「自己免疫」

 バセドウ病は、甲状腺の機能が亢進し、過剰に甲状腺ホルモンを作る病気です。では、なぜこうした異常が起こるのでしょうか。
実は、その異常には免疫が関係しています。免疫は侵入した外敵を攻撃し、健康を維持するための大切な仕組みです。ところが、まれに自分自身の体を攻撃目標とする抗体を作ってしまう病気があります。これを「自己免疫疾患」といい、バセドウ病もこの一種なのです。

ふむふむ、自己免疫・・・!とても重大な病気のような気がしてしまいます。

バセドウ病を根本的に治療するのは、難しいこともあります。しかし、バセドウ病特有の症状を起こしているのは、血液中の過剰な甲状腺ホルモンです。したがって、血液中の甲状腺ホルモンの量を正常にコントロールしていれば、健康な人とまったく変わらない生活ができるのです。そして現在の治療は、いくつかの方法でそれを実現しています。つまり、きちんとした治療を受ければ、健康で生き生きとした生活を送ることができるのです。

根本的な治療は難しいが、ホルモンをコントロールすれば健康的な生活が送れると。

かかりつけの先生からも同様の説明があり、 不安の中、多少ほっとしました。(^_^)/

 

治療について

バセドウ病の治療について、①服薬による治療、②アイソトープ治療、③手術の3つがあり、ほとんどの人が最初は①の服薬による治療を選択するようです。

服薬について、メルカゾール、もしくはプロパジールという薬のどちらかを選択するようなのですが、私はメルカゾールから始めることになりました。

妊娠中であったり、授乳中の方はプロパジールを服薬することもあるようです。

 

また、仕事なのですが、かかりつけの先生とよく相談し、私は会社で倒れたり症状がかなり出てしまっていることから、約一ヶ月の休職をし、まずは治療に専念することとなりました。

私はとても幸いなことに、会社の理解も得られ、「しっかり治してまた戻ってきて欲しい」と言っていただけました・・・!

 

そして、メルカゾールでの服薬治療を開始しましたが、結果的にこの薬に後々苦しめられることになります・・・。

 

続きはこちら。

guguco.hatenablog.com