ぐーちゃんの自習室。

社会人8年目、これまでずーっと迷ったりひと休みしたり。そんな私の自習室。

中国語ができなくて大泣きした話

(本気でやってみたことって思いもよらぬアウトプットを生むよねって話)

 

いろいろありましたが、最近国際物流関係への転職を視野に入れながら少しずつ準備をしています。

今の業務でも物流関係をやらせていただいているんだけど、全体から見るとウェイトが高くないし、そもそも輸出入案件が少なくていまいち満足できる物量がこなせないな~ってのが理由です。

だったら物流で食ってる会社に行けばいいじゃんと。

で、日本の会社と、海外の現地採用枠を狙っている現状です。

そこで現地採用のエージェントさんにコンタクトを取って、レジュメのやりとりだったり、アドバイスと情報を頂きながら進めていたわけなのですが、先日電話での語学チェックがあったのです。

f:id:guguco:20170519201109j:plain

これまでの語学力の自己評価は、英語は日常会話、中国語は、まぁ初級?っていう感じでした。

いわゆる「お勉強以外」の部分ですと、海外の友人と英語で話をしながらわからないところは筆談を交えてコミュニケーション成立してたし、ビジネスでの使用経験はほぼ無いに等しいけれど、まったくのプーってこともないだろう。と思っていたんですね。

 

当日の語学力チェックの流れとしては、最初に英語、次に中国語で、香港人スタッフさんとコミュニケーションをとりながら進めていたのですが。

まあ最初全然聞き取れないわけですよ。アジア人同士なのに。

やっと慣れて来たな~と思えてきたところで英語パートが終わってしまって、冷や汗だらっだらで。

中国語パートに移行した時には当然ボロボロ。

あなたの会社に中国人の同僚はいますか?みたいな簡単な質問も聞きとれず、途中でギブアップしてしまいました(汗)

 

エージェントの担当さんに慰められながら自分でも理由はわからないけれど自然と大泣きしてて、でも、「大きな一歩を踏み出しましたね~!」って言ってもらえて、やってよかったな~って思いました。

 

フルタイムで働きながら、ただただ好きだからっていう理由で業務にまったく関係ない中国語を勉強して、頑張れたこと、頑張りきれなかったこと、なんで全く勉強してない英語のほうが喋れたのか、とか自分の強い部分と弱い部分、おだてられていい気になってたところとか、いいところもダメなところも全て一気に自覚しました(笑)

 

そしてもう一回頑張ろうって思えました。

 

てなわけで、今スカイプ中国語会話レッスンを申し込んで今に至ります。どこまで伸ばせるでしょうか。わからないけど今は楽しみです。

 

(そしてやっぱり、国際物流関係の仕事がしたいです、いいところが見つかりますように!!!!!)